角栓は化粧品でケアしよう|すべ肌作りのヒミツ

酵素洗顔が良い

顔に手を触れる人

保湿することが大切

鼻やあごの毛穴に白く皮脂が詰まっているもの、それは「角栓」です。角栓は間違ったクレンジングや乾燥、栄養のバランスが乱れた食事でおこります。そのまま放置しておくと余計に悪化させてしまい、化粧品成分の浸透を妨げてしまいます。角栓は、普通の洗顔で取り除くことができません。角栓を取り除くには「酵素洗顔」が最適です。角栓は古い角質や汚れ、たんぱく質が混ざったものです。汚れやたんぱく質を分解させる酵素洗顔をおこなうと、肌表面のざらつきが取り除かれ、つるつるの肌に改善されていきます。酵素洗顔はパワーが強いので、使用後は肌を保湿させることも大切です。水分維持力のある化粧品を使用して、肌を保護するようにします。

健康的な肌へと導きます

角栓が悪化すると肌表面のざらつきがひどくなり、角質が厚くなります。厚くなった角質はくすみを発生させ、肌の透明感が失われます。乾燥も角栓の原因のひとつです。肌が乾燥すると、皮脂を出そうとする機能が働きます。その皮脂が毛穴を詰まらせて角栓になるのです。乾燥を改善させるには、セラミド配合の化粧品が効果的です。セラミドは細胞と細胞の間に入り込み、水分をキープします。使用するとしっとりしたみずみずしい肌が1日続きます。セラミド配合の化粧品は、肌表面にバリアの層を作る効果もあります。バリアの層は化粧品で与えた水分の蒸発を防ぎ、紫外線のダメージから肌を保護する効果もあるそうです。使用すると、丈夫で健康的な肌に改善されます。